root のすべての投稿

千葉大学ゐのはな同窓会会則

令和2年8月一部改定

第1章 名   称

第1条   本会は千葉大学ゐのはな同窓会と称する。

第2章 本 部 事 務 所

第2条   本会は本部事務所を千葉大学医学部内におき会務を行う。本部には専任の事務員をおく。

第3章 目   的

第3条   本会は千葉大学医学部・大学院医学研究院および医学部附属病院と緊密な関連を保ちその発展に貢献するとともに、会員相互の親睦を図り、あわせて広く医道の昂揚に努めることを目的とする。

第4章 会  員

第4条   本会の会員は次の4種とする。

         1.正会員 2.学生会員 3.特別会員 4.名誉会員 

         正会員は千葉大学医学部・医学研究院・前身学校の卒業生および千葉大学医学部・医学研究院・附属病院において教育、研究、診療に従事中または従事した者、学生会員は千葉大学医学部に在学中の者、特別会員は理事会で特に推薦された者、名誉会員は本会に対し功労顕著で総会において推薦された者である。

第5条   会員は別途に定める会費を納入するものとする。但し名誉会員は会費を要しない。また正会員として50年を経過した会員の会費は免除する。会員は総会議事に参加する。また本会の各種事業に参画し、本会の事業、会務等につき随時報告を受けるものとする。

第6条   会員にして会則に反する行為や会員としてふさわしくないと判断された場合は理事会、総会の決議を経て除名することができる。

第5章 支  部

第7条   原則として、都道府県を単位とする各地方の会員および千葉大学の会員はそれぞれの支部を組織し、本会の事業に参画することができる。

        支部を結成したときは代表者を定め本会に届出るものとする。

第8条   各支部は本会の理事を推薦することができる。

第6章 役  員

第9条   本会に次の役員をおく。

         会長1名・副会長3名・参与3名・理事40名以内・評議員130名以内・監事2名

第10条  会長、副会長、参与は総会において選出する。

第11条  会長は本会を代表し、総会、理事会の決定、会則に従い会務を総理する。

第12条  副会長、参与は会長を補佐し会務を分担する。会長に事故あるときは副会長がその職務を代行する。

第13条  理事は各支部の推薦あるいは総務会・理事会の推薦に基づき総会の承認により決定する。

第14条  理事は、会長・副会長・参与と共に理事会を組織し、別途に定める会の重要事項を審議し決定する。

第15条  監事は総会において選出し、本会の財務運営につき監査を行う。

第16条  評議員は理事会の推薦に基づき総会の承認により選出する。評議員は会の重要事項について会長の諮問に応じる。

第17条  役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。

第18条  役員は任期終了後であっても後任者が就任するまでその職務を行うものとする。

第19条  本会に名誉会長をおくことができる。名誉会長は本会会長として特に功績顕著であったものを総会において推薦する。

第20条  本会に顧問若干名をおくことができる。

         会長がこれを推薦する。

         顧問は会長の諮問に応ずる。

第7章  会  議

第21条  会議を分けて次の5種とする。

         1.通常総会 2.臨時総会 3.評議員会 4.理事会 5.総務会

第22条  会議は会長が召集し、議長は出席者より互選する。

         総務会は、会長、副会長、参与、会務担当責任者及び会長の指名する若干名を以って構成する。

        総務会は一般会務の総合調整を図り、新規事業の企画の調整を行い、理事会に議案を提出する。なお、新規事業その他特別な案件については総務会の議を経て別途に委員会を設け企画・立案することができる。

第23条  各会議の議事は出席者の過半数をもってこれを決する。但し学生会員は議決に参加できない(註1参照)。なお、可否同数のときは議長が決する。

第24条  通常総会は毎年1回これを開き、次の事項を審議する。

  1.会務報告

  2.予算および収支決算

  3.任期満了に伴う役員の改選及び欠員の補充

  4.規約の制定

  5.その他理事会において必要と認めた事項  

第25条  臨時総会は理事会において必要と認めたほか、総会員5分の1以上より会議の目的である事項を示して要求のあった場合にこれを開く。

第26条  評議員会は理事会において必要と認めたほか、評議員10名以上の要求によって臨時にこれを開くことができる。

 評議員会は、その決議により、会の臨時事業を発議提案することができる。

第27条  理事会は原則として年三回開催し、過半数の出席をもって会の成立とする。但し委任状をもって出席に代えることができる。

 理事会は、会務全般につき随時報告を求め、第24条に規定する事項の外、会の重要事項について審議し決定する。この議決事項については速やかに会報に掲載する。

 千葉大学医学部長、千葉大学医学部附属病院長は理事会に出席し意見をのべることができる。但し議決には加わらない。

第8章 会   務

第28条  本会の会務は総務会がこれを統轄する。

 一般会務は次の如く組織構成とし、会長が理事及び会員より指名し各部の担当理事とし、これらの会務担当を委嘱する。副会長は各部の責任者となる。

また、必要に応じて委員会を置くことができる。

担当部:総務部、財務部、広報部、学術・企画部、渉外部、会報・編集部、評議員担当部、学生担当部、医学部・病院担当部、その他理事会において必要と認めた会務。

会務内容の詳細は別表2に定める。

第9章 財  務

第29条  本会の資産は次のとおりとする。

 1.基本財産

   (イ)旧「ゐのはな会」より継承した別紙目録記載の財産(什器・書を除く)

   (ロ)基本財産としての積立金(基金)

 2.普通財産

   (イ)基金より生ずる利子

   (ロ)会費

   (ハ)会員の入会金

   (ニ)寄付金

   (ホ)歳計剰余金

   (ヘ)その他の収入

第30条  本会の財産管理の方法は総会において定めるほか、理事会は総会の趣旨に従い別途に会計規則を定めることができる。但し基金その他の重要財産は郵便局、銀行、または金銭信託銀行に預け入れる。

第31条  基本財産の元本はこれを消費することができない。但し、評議員ならびに総会の決議を経てその一部を普通財産に編入することは差支えない。

第32条  本会の経費は普通財産をもってこれを支弁する。経費に余剰を生じたときは翌年度経費に繰越す。但し、理事会の決議を経てその一部もしくはその全部を基本財産に編入することができる。

第33条  特定の目的をもって募集した寄付金は特別会計とする。

第34条  本会の予算は総会の決議を経てこれを定め、決算は年度終了後2ヶ月以内に理事会の承認を経ることが必要である。

第35条  会員の入会金および会費は別表のとおりとする(註2参照)。会費は毎年4月に納付する。

      入会金および会費は理事会の議決によって変更することができる。但し総会において承認を得ることとする。

第36条  本会の会計年度は4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。

第10章 附  則

第37条  本会会則は理事会の承認を経た後、総会において出席者の3分の2以上の同意を得なければ変更することができない。前項の場合書面または他の会員に委任して票決権を行使したものは出席者とみなす。

第38条  本会会則は昭和26年12月1日より施行する。(昭和30年11月、33年11月、37年7月、40年11月、43年7月、50年6月、56年6月、平成5年6月、6年6月、8年6月、11年6月、12年6月、15年6月、16年6月、29年6月、令和2年8月会則一部改定)

 別 表1

 会 員   会  費   入 会 金
正会員年 5,000円5,000円  
 学生会員年 1,000円

註1 総会において学生会員は議長の許可を得て発言することができる。

註2 現在在学中の学生会員の入会金納入については別途に経過措置を講ずる。

別 表2

・総務部(総務会、理事会準備、会員名簿、会則改定など)

・財務部(従来の会計部)

・広報部(HPなど、会報・編集部と必要に応じて連携)

・学術・企画部(総会の際の企画など)

・渉外部(医師会、ゐのはな会支部、行政関連など)

・会報・編集部(会報)

・評議員担当部(評議員への通達、評議員会)

・学生担当部(医学部及び医学研究院教官含まれることが望ましい)

・医学部・病院担当部(医学部及び医学研究院教官含まれることが望ましい)

2020年度(令和2年度)ゐのはな同窓会行事予定の変更について(第一報)

ゐのはな同窓会 会員各位

 新型コロナウイルスへの対応の中、会員の皆様には、一層お忙しくご活躍のことと存じます。

 会長よりの急告でお知らせ致しましたように、本年7月までは会合の自粛を行うこととなり、6月に予定されておりました総会の中止、また理事会、総務会を休会することとなり、審議等はメールや郵送とすることとなりました。

 これに伴い、下記の行事等の実行時期を繰下げざるを得ない状況となっております。現状での予定等を以下のようにお知らせ致します。ご配慮願えれば幸甚です。

 なお、先が見通せない状況が続いております。今後も予定の変更がございましたら、逐次ご連絡申しあげますのでよろしくお願い申し上げます。

例年の行事現在の予定備考
4月:総務会5月1日書面での審議 (5月11日〆切)
4月:理事会5月15日書面での審議(5月29日〆切)
5月:会報(総会号)発送7月中旬本総会号に総会決議の葉書を同封し、書面表決とすることを検討中
6月:総会中止会報にて書面表決することを検討中
9月:会報(9月号)発送9月(予定通り)総会号の発送が遅れた場合には、総会号との合本を検討中
11月:ホームカミングデー11月1日(予定通り)現時点で、校友会ホームカミングデー(10/31)は開催予定。
11月:理事会11月(予定通り) 
2月(令和3年):理事会2月(令和3年)予定通り 

以上

2020年4月30日

庶務担当理事

白澤 浩(昭57卒)

急告 ゐのはな同窓会員 各位

新型コロナ肺炎の世界的感染拡大の中、日本国内の感染者数の増加も認めております。政府ならびに関係省庁の方針に則り4月~7月までの4か月間、会合の自粛を致します。

  1. ゐのはな同窓会総会の中止
  2. 付随する、理事会、総務会の休会
  3. 各種議案の審議、決定及び会員への通知は、メールや郵送とし随時、会員諸氏のご意向を反映させるものとする

以上の方針とし、資料郵送その他により補完する所存です。

なにとぞご理解のほど、お願い申し上げます。

令和2年4月2日

                                                               千葉大学ゐのはな同窓会

                                                               会長  済陽 高穂

ホームカミングパーティ2019

第4回 ホームカミングパーティ 令和元年11月3日 医学部同窓会館で開催しました

メモリアル事業委員会報告:千葉医科大学附属病院の病院建築としての価値

 病院建築の基本形はパビリオン型であり、ナイチンゲール病棟(セント・トーマス病院・1871年)がその原型とされる。本邦では、1890年竣工の日本赤十字病院がパビリオン型の集大成とされる。

 機械換気の登場により、片側窓の病室が必ずしも換気に不利とはいえなくなり、ブロック型が登場した。本邦では、慶応義塾大学医学部附属病院(1932)、千葉大学医科大学附属病院本館(1936)がブロック型として建築された。

 しかし、第2次大戦後のモデルはパビリオン型に戻った。千葉医科大学附属病院(現医学部本館)は、貴重な現存する本邦最古のブロック型病院建築である。

(千葉大学工学部 中山茂樹教授より資料の御提供を頂きました)

【千葉医科大学附属病院(現医学部本館)について】

設計者:文部省(柴垣鼎太郎*

昭和11年竣工。

当初、大学の附属病院として建てられたこの建物は、現在医学部本館として、十分にその機能を果たしている。表面に当時多用されたスクラッチタイルを貼った、鉄筋コンクリート構造の巨大な建築物である。鉄筋コンクリート構造は我が国でも大正初め頃より徐々に建築に用いられ始めたが、本格的に採用されるようになるのは、関東大震災後のことで、昭和初期に定着し、この建物が建てられる頃にはなくてはならない構造となっていた。当時の建築的状況を代表するものとして、この本館の価値は高い。

しかし、それだけではなく、デザイン的質もかなり高いと言える。玄関車寄せを構成する下部が細まった4本の柱がまず目を引く。また巨大な全体にもかかわらず、繊細な欄間の意匠や、色取りどりの床のモザイク等、随所に細やかな配慮が見られる。そして何と言っても、ステンドグラスのトップライトから光が降り注ぐ上昇感のある吹き抜け空間が特に印象的である。

(千葉県教育委員会報告書 より)

千葉県立現代産業科学館

*柴垣鼎太郎:大正から昭和初期を代表する建築家の一人。文化遺産となっている信州大学繊維学部講堂(旧上田蚕糸専門学校講堂)の設計者としても知られている。

メモリアル事業アンケート結果を公開しました。

メモリアル事業アンケート結果報告書こちら

ゐのはな同窓会メモリアル事業委員会が行ったメモリアル事業に関するアンケートの結果をお知らせ致します。アンケート調査にご協力頂きました会員の皆様に感謝申し上げます。

【アンケート結果要旨】

  • 旧病院の外観(1位)、歴史的物品(レガシー)(2位)を残して欲しい。
  • 旧病院の縮小モデル(1位)、画像(2位)、年史パネル・ビデオ(3,4位)をメモリアルとして残して欲しい。
  • 大学の歴史的物品(レガシー)は医学部新棟(1位)、記念講堂(2位)に残して欲しい。

【アンケート目的】

メモリアル事業に関する会員の意見・ 要望調査。


【アンケート期間】


2019 年 9 月〜2020 年1月

【調査対象】


ゐのはな同窓会員

【調査・回収方法】

会報でのアンケート周知、Fax・イン ターネットでの回答


【回収状況】


回答数 107
(Fax: 64, インターネット:43)

第25回(2020年度)ゐのはな同窓会賞募集のご案内

第25回(2020年度)ゐのはな同窓会賞の応募を下記により受けつけます。

    • 受賞対象者

①社会貢献賞 本会会員で、医療活動の顕著な業績により、社会的に高い貢献をした個人またはグループ。グループの場合、代表者が本会会員であればよい。

②功労賞 医学および広く文化の各領域において、千葉大学および千葉大学ゐのはな同窓会に多大の貢献をしたもの。

  • 受賞者数および表彰
    本年度の顕彰は社会貢献賞(3件以内)、功労賞(1件)で、楯ならびに副賞(総額40万円以内)を贈呈いたします。
  • 応募方法
    2019年12月1日から2020年1月31日までに申請して下さい。申請用紙は同窓会事務室宛に請求して下さい。
    なお申請用紙の様式に準じて記載されていれば、特にこの用紙を用いる必要はありません。
  • 受賞者の決定
    選考委員会および理事会の議を経て、会長が行います。
  • 記入上の注意
    以下の番号は申請書の様式の肩番号と対応しています。

    1. (社会貢献賞、功労賞)該当する方を記入して下さい。
    2. 内科、外科、公衆衛生学等と記入して下さい。
    3. 大学卒業およびそれ以降の略歴を記入して下さい。
    4. 受賞対象となる医療・社会活動の題目を記入して下さい。
    5. 受賞対象の活動を組織(グループ)で行っている場合には、氏名、所属機関名・部局・現在の専門、役割分担を記入して下さい。
    6. 自薦の場合は本人、他薦の場合は推薦者が申請者として署名・捺印して下さい。
    7. 本申請に関係する活動の国内外における状況と、本申請の独創的な点や意義を述べて下さい。
    8. 雑誌、新聞記事、患者からの声など参考となる資料があれば添付して下さい。
  • 同窓会賞申請書のダウンロード(Wordファイル )

お問い合わせおよび申請用紙請求先

千葉大学医学部内 ゐのはな同窓会事務室
〒260-0856 千葉市中央区亥鼻1-8-1
Tel : 043-202-3750 Fax : 043-202-3753
E-mail : info@inohana.jp